新宿の整体師からの「痛みの原因と改善方法」お得情報

腰痛症・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症

投稿日:

腰痛症・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症について

一般的には病院や医療機関でレントゲン検査、MRI、CTなどで、医師が画像診断をした結果、腰痛症・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症などの病名が付く腰の痛みですが、実は病名が痛みの原因ではありません

例えば腰椎ヘルニアの場合、腰になんらかの過度な負担がかかりすぎて、椎骨と椎骨の間にある椎間板が外に飛び出してしまい、それが脊椎神経を圧迫して痛みや痺れを引き起こすと言われています。

しかし、実際はもし本当に飛び出した椎間板が脊椎神経を圧迫した場合、痛みや痺れではなく、『麻痺』が起こります。

麻痺になると、足に力が入らない、足を引きずる、排尿困難、排便困難などの症状があり、最悪の場合手術が必要になるケースもあります。

したがって、腰や臀部(お尻)太もも、ふくらはぎや脛(すね)足先などに痛みや痺れを感じている時は、病名が原因ではなく腰の筋肉が硬くて痛みや痺れを引き起こしています

腰の筋肉が硬くなると腰に筋肉の中を通っている血管を圧迫して血行不良になり、痛み物質や老廃物が溜まって痛みや痺れの症状が出ます。

ですから、腰の筋肉を壊さない施術で軟らかくすれば、血行が良くなり痛みや痺れが改善していきます。

 

骨格の歪みが痛みの原因?!

一般的に背骨が猫背とか歪んでいるから腰痛や肩こりなどになると言われていますが、正確には悪い姿勢を取り続けることで、筋肉に負担がかかり硬くなってしまいます。

その結果、筋肉が硬くなってしまったので、背骨や骨盤の動きも制限がかかってしまい、一般的に言われる「猫背」「背骨が歪む」「骨盤がずれる」という状態になってしまいます。

骨は筋肉によって動きますので、骨だけで体を動かすことは出来ません。

背骨や骨盤が曲がったり、歪んだり、ズレたりするのも、硬くなった筋肉に骨が引っ張られてしまうことが原因です。

このことから、ただ骨だけを動かす骨格矯正をして正常な位置に戻してもも、一時的な改善があったとしても、筋肉が硬い限り、もしくは筋力が軟らかくならない限り、また硬い筋肉に引っ張られて歪んだりズレたりして、痛みや痺れなどの症状が再発していまいます。

また骨格矯正だけで、筋肉の深部まで軟らかくなることはありません。

 

温泉や健康ランド、スパなどで行われている一般的なリラクゼーション目的のマッサージやクイックマッサージのような施術方法は筋肉の繊維を壊してしまう施術になりますので、余計に筋肉を壊してしまいます。

当店の技術は科学的根拠(エビデンス)があり、筋肉を傷つけずに軟らかく出来ることが論文にも掲載されている技術ですので、骨粗鬆症の方や小さないお子様でも安全に施術をすることが出来ます。

痛みの原因が血行不良である根拠を知りたい方は、こちらをクリック!

-新宿の整体師からの「痛みの原因と改善方法」お得情報

Copyright© 新宿で唯一の腰痛専門「通わせない・再発させない整体」アクセスも抜群だからおすすめ人気と評判で県外からも口コミで多数来院! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.