新宿の整体師からの「痛みの原因と改善方法」お得情報

新宿の整体情報「側弯症の原因と改善方法」

更新日:

側弯症とは、一般的には脊柱側弯症のことを指します。

そして側弯症には、基本的には

●骨の異常

●筋肉の異常

によって側弯症になってしまいます。

当店では肋骨と肋骨が癒合している場合など、手術が必要な重度の側弯症には対応出来ない場合もありますが、その他約90%の側弯症に対応出来ます。

側弯症の原因

側弯症は骨の異常・筋肉の異常が原因で、筋肉が硬くなり椎骨が硬くなった筋肉に引っ張られて背骨が曲がってしまうのです。

ですからこの硬くなった筋肉を軟らかくすれば背骨も元の正常な位置に戻って姿勢も良くなるのです。

ですから、骨格矯正や骨盤矯正、カイロプラクティックなどの手技療法で背骨を動かそうとしても、仮に動かせたとしても、筋肉が硬いままではまた骨が硬い筋肉に引っ張られて背骨が曲がってしまいます。

また背骨に強引な強い圧力をかけて無理やり動かそうとすると、背骨や筋肉を痛めてしまって事故につながってしまいますので、決して危険な施術は受けないで下さい。

側弯症の多くが、小学性から中学生までの間に現れることが多いのも特徴です。

子供の頃に多い原因として考えられることは、小さい頃のケガや事故などによって筋肉の繊維が傷ついて硬くなってしまい、筋肉の成長が遅くなるためと考えられています。

また成長期に、骨と骨を結ぶ靭帯も伸びやすくなっていますので、左右の筋肉の硬さが違う場合に側弯症になりやすいと言えが、ただその代わりに硬くなった筋肉でも、成長ホルモンの影響で軟らかくする働きがあり、側弯症も成長とともに治ってしまう方が多いようです。

側弯症でも「骨の異常」が原因の場合は完治は難しいのですが、ただ症状を和らげることは出来ますので、少しでも側弯症による体にかかる負担を減らすことによって、普段の日常生活を快適に過ごせるようにしましょう。

次に「筋肉の異常」が原因の側弯症は、硬くなった筋肉を軟らかくすればするほど、曲がった背骨が伸びていきます。

ただし、側弯症によって肩や背中や腰に痛みがある方の中で、痛み止めの薬を飲んでいる方がいます。

薬には筋肉を硬くしてしまう副作用があります。

そして硬くなった筋肉にはカルシウムが溜まっていますので、筋肉を軟らかくしながら溜まったカルシウムを排出しなければなりません。

そのため、薬を服用する習慣がある方は、薬の副作用による溜まったカルシウムを排出する分だけ時間はかかりますが、筋肉を軟らかくすれば側弯症は改善していきますのでご安心下さい。

ここで注意が必要です。

筋肉を軟らかくすると言っても、ただ筋肉を揉めばいいという訳ではありません。

一般的なリラクゼーションマッサージやクイックマッサージや他の施術では本当の意味での筋肉は軟らかくなりません。

間違った筋肉の揉み方をすると、筋力の中にカルシウムが溜まってしまい、余計に筋肉が硬くなってしまいます。

当店の技術レベルがあってこそ、筋肉を軟らかくすることが出来るので、間違った知識や間違った施術をしないようにして下さい。

※骨粗鬆症は、症状によっては根本的な改善が必要になりますので、通常の「5000円コース」の施術をおすすめすることもあります。

-新宿の整体師からの「痛みの原因と改善方法」お得情報

Copyright© 新宿で唯一の「デスクワーク腰痛」専門整体!しかも駅近だからおすすめ人気と評判で県外からも口コミで多数来院! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.