妊娠中の腰痛

 

妊婦の中には、お腹が大きくなることで腰痛になる方がいらっしゃいます。

 

その理由はお腹が大きくなることによって、背中が反るようになって腰に負担がかかるからです。

 

いわゆる反り腰になるということです。

 

通常は、腰椎と言われる腰の骨は前方に向かって弯曲(前弯)があるのですが、 妊娠中にお腹が大きくなるに従ってさらに弯曲が強くなり腰が反るようになります。

 

そして腰が反りすぎたことによって腰の筋肉に負担がかかり痛みが出やすくなります。

 

これが妊娠中の腰痛になります。

妊娠中の腰痛の対処方法

 

では、妊娠中の腰痛をどのように対処すれば良いかと申しますと、

 

反り腰による腰の筋肉が硬くなって血行不良にならないように定期的に筋肉をほぐしてあげることが大切になります。

 

ではどのようにほぐせば良いのでしょうか?

 

一般的に筋肉をほぐすということをなれば、リラクゼーションマッサージのような方法を思い浮かぶ方も多いかと思いますが、

 

一般的なリラクゼーションマッサージの方法は、その場の一時的な症状の緩和にしかなりません。

 

本当に妊娠中の腰痛を改善しようということであれば、筋肉に負担ががかからないような施術方法でなければいけません。

 

当院の施術は、体に負担がかかるマッサージで筋肉をほぐすのではなく、骨盤や背骨を軽く気持ちよく揺らしてあげることによって、体の深部にあるインナーマッスルまでほぐれる施術によって、妊婦さんの体や筋肉に負担をかけずに安全に痛みを取ることができます。

 

当院はどんな姿勢でも施術は可能です

また妊婦さんはうつ伏せになることが難しい方もいらっしゃいます。

 

当院では仰向けや横向きでも成立することが可能です。

 

妊婦さんの体に負担がかからない施術方法や姿勢を選択しながら、安心して施術を受けていただけます。

 

そしてお家でもできる『妊婦さんのための簡単腰痛体操』もアドバイスさせていただいておりますので、お気軽にお越しください。