四十肩・五十肩

四十肩・五十肩による痛みで、

・痛くて腕が上がらない

・夜寝る時に肩に体重がかかると痛くて眠れない

・腕が上がらないので、お風呂で頭が洗えない

・カバンを持つと肩が痛い

・腕の重さだけでも痛みを感じる

など様々な場面で肩に痛みがあることによって普段の生活の中で不自由を感じる経験をされたことがある人も多いでしょう。

四十肩・五十肩になってしまう原因は?

原因は血行不良です。

特に大胸筋や僧帽筋、肩甲骨周りの筋肉が硬くなって血行不良が起きて痛みが出たりします。

さらに背中の筋肉が硬い、悪い姿勢で猫背や背骨が歪んでいるなども原因です。

そして背中や肩周辺の筋肉が硬くなる最大の原因が、腰の筋肉が硬くなると四十肩・五十肩の原因になります。

腰の筋肉が硬くなると全身の血行が悪くなり、血行が悪くなった部分の筋肉も硬くなってしまいます。

腰の筋肉が硬くなると、腰痛・肩こり・膝痛・手足の痺れや冷え、そして四十肩・五十肩も当てはまります。

肩の周辺を施術するだけでも痛みが改善することはありますが、しかしそれだけでは、またしばらくすると再発してしまいます。

再発を防ぐためには根本的に腰の筋肉を軟らかくする必要があるのです。

当店ではまずは肩の痛みを取り除きながらも、再発しないように腰の筋肉も軟らかくする施術をしていますので、お客様に大変喜ばれています。

ただし、肩の関節周辺に石灰化や癒着があると施術回数や時間がかかることもあります。

また腱板断裂や腱板損傷などによる痛みは手術が必要なケースもありますので、医療機関で診察を受けて下さい。

SNSでもご購読できます。

最近のコメント